« [TRPG]Tunnels & Trolls v5.5 | トップページ | [TRPG]「創作リズム」対「ゲーム感覚」(その1) »

ゲームデザイナーとして屈辱を感じるとき

現在クローズドβ中のMMORPG「RF Online」(日本版はセガが運営)の生け贄βテスターによるFAQページで次のような一節が。
 

各種族の人気はどんな感じですか?

「アクレシア」
・純粋なロボなのでロボスキーな人に人気がある。
(以下略)

くそう、ロボスキーな俺はチェックしちまったよ。種族丸ごとロボだとぉ〜。

すいません。転んできます。とりあえずオープンβからでも参加します。ゲームとしておもしろかったら課金も払います。MMORPGを腐したことはありますが、みんな揃ってロボ、というのではもうどうしようもない。

そのかわりMMORPGとしてつまらんかったら今までの百倍糞味噌にいうからな、と。
まあおもしろかったらDeskTopTroopersをそれ以上に面白いものにしないといけないので責任重大。

でもなぁ、ぶっちゃけ理屈抜きで良かったら(+どっかで見たような、という感じがいやでなければ)韓国人はどんどん能力は上がってるんだなぁ、と。あとは監督と脚本、ディレクターとプロデューサーがきちんと舵取りするようになると本当に驚異になるわ。

|

« [TRPG]Tunnels & Trolls v5.5 | トップページ | [TRPG]「創作リズム」対「ゲーム感覚」(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28937/4996918

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームデザイナーとして屈辱を感じるとき:

« [TRPG]Tunnels & Trolls v5.5 | トップページ | [TRPG]「創作リズム」対「ゲーム感覚」(その1) »