« 「それがPSPの仕様だ」by 久多良木 : 忍之閻魔帳から | トップページ | 近況報告 »

ゲーム過疎地の実情

 かなり話は遡り、この年末年始に実家に帰ってたこと。

 実家はかなりな田舎にあり、さらに今年は祖父死去のため、家族内でいろいろあって引っ越しもあったので年末年始といってもまったく慎み深く終わったわけですが。ちなみに母親と弟(就職して1年)が同棲している状態。

で、うちの親は「スーパーマリオブラザーズ」をプレイするためにファミコンを買ってきたり、なんだかんだいって「ドラゴンクエスト」シリーズもかなりプレイしていたのでプレイステーション2を持っていること自体は順当だし、「ドラゴンクエストVIII」も入手していたのはまあ予想していましたが、途中まで進めて私が帰ったときには全然プレイしていないという。とりあえずクリアできるけど面倒くさいから、パチスロゲームで暇を潰しているという。

 思わずうーんと唸った。弟はPSPが欲しいそうだがプレイしたいのはパチスロの「北斗の拳」。ニンテンドーDSを持って帰っていたんだけど全く興味がないようで。

 実際のところ近くの古本屋兼中古ゲームショップもこの数年で全滅してて、それどころかおもちゃ屋もゲームセンターも非常に遠い(WCCF?アヴァロンの鍵?QuestOfD?なんですかそれ?)中で、成人の娯楽といえばパチスロぐらいしか残ってない状態。こんな中でゲーム文化なんて語るだけ無駄、ゲームの魅力なんて所詮この程度か、と内心がっくりしていた正月三が日でした。

 昔はまだ零細ゲームショップもあったんだよなぁ。中古ゲームショップでスーパーファミコンのパッケージをカウンターに持っていったらなぜかソフト自体が無くて売ってもらえなかったとかいうエピソードもあったなぁ。

|

« 「それがPSPの仕様だ」by 久多良木 : 忍之閻魔帳から | トップページ | 近況報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28937/2681939

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム過疎地の実情:

« 「それがPSPの仕様だ」by 久多良木 : 忍之閻魔帳から | トップページ | 近況報告 »