« 「X」の前後……テーブルトークロールプレイングゲームの抽象度 | トップページ | JAVAダイス追加 »

アヴァロンの鍵弐のやりすぎ

ゲームセンターでボードゲームなカードゲーム、「アヴァロンの鍵」に続編「弐」が展開されたので今週は毎日のようにプレイしております。
 カードも追加され、100+52+35+61=248枚となり、ゲーム展開の幅も最初に比べると非常に広がりました。ここで問題が。弐で追加されたカードがなかなかでない。61/248≒4枚に1枚ということで1000円につき新カード1枚ぐらいになってしまう。うわぁぁぁん。
 とりあえずセラフィー・ルカ、クインセクト、マンティガン、魔人の麓を入手。まだ弐以前のカードもそろってないのですが。

|

« 「X」の前後……テーブルトークロールプレイングゲームの抽象度 | トップページ | JAVAダイス追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28937/2228889

この記事へのトラックバック一覧です: アヴァロンの鍵弐のやりすぎ:

« 「X」の前後……テーブルトークロールプレイングゲームの抽象度 | トップページ | JAVAダイス追加 »